Uncategorized

アシステッド·ハッチングにレーザーを用いた方法が急速に普及してきた。

しかしながら、アシステッド·ハッチングに関しては、凍結融解胚移植では約10%程度の妊娠率の上昇を認めたという報告があるいっぽうで、体外受精や顕微授精など高度生殖医療を高年齢でおこなう場合や、これらがくり返し不成功になっているケースでは、有効とするものと、無効とするものがあり、一般的なコンセンサスは得られていないのが現状です。

アシステッド·ハッチングの具体的な方法は、大きく3つに分けることができます。

顕微鏡下で胚を観察しながら、特殊な針を用いて機械的に透明帯に穴を開けるという方法があります。

また、胚に薬剤によって化学処理を行い、透明帯を溶かすという方法もあります。

そして、近年急速に普及しているのが,レーザーを用いて穴を開けるという方法です。

操作が簡便であり、胚そのものを傷つける心配もありません。

体外受精や顕微授精で良好な胚を移植しても複数回不成功に終わった人に、アシステッド,ハッチングをおこなうと、着床率が上昇するという報告もあります。

IVFLesson10・アシステッド·ハッチングには疑問の声も多く、楽天のベジママの方を望む声は当分やみそうにない。

誰が適用されるべき?

アシステッド·ハッチングの最も一般的に使用される指標は以下のとおりです。

年齢 – 女性パートナーは37歳以上
卵の量および質の因子 – 女性の3日目の卵胞刺激ホルモン(FSH)レベルが上昇しているか、または低いAMHレベルまたは低い卵胞数
胚品質因子 – 品質の悪い胚を有する症例(過剰分裂または細胞分裂の遅い速度)
ゾナ因子 – 厚い外殻を有する胚を有する症例(透明帯)
以前のIVF障害 – 以前に1つ以上のIVFサイクルが失敗した症例
私たちのIVF診療所では、妊娠率と妊娠率が増加すると考えているため、ほぼすべての症例で3日目の胚移植の補助孵化を使用しています。

アシッドハッチングは酸タイロードの溶液を用いてどのように行われますか?

胚は特殊な保持ピペットで保持されます。
非常に繊細で中空の針が、胚の外側の「殻」(透明帯)に対して酸性溶液を放出するために使用される。
それを酸性溶液で消化することにより、シェルに小さな穴ができます。
次いで、胚を洗浄し、インキュベーター内の培養液に戻す。
胚移植手順は、孵化手順の直後に行われる。
胚移植は胚を子宮内に置き、そこで胚を移植し、発達させて出産させる。
レーザを用いた補助孵化を参照
妊娠率

補助孵化を伴う体外受精術の妊娠率は、一部の公表された研究では、孵化することなくIVFより高いことが示されている。 IVF診療所では、孵化補助を使用して胚の着床率と妊娠率を改善しています。どうやら、この利点はすべてのIVFプログラムでは見られません。

孵化して胚に損傷を与え、妊娠率を低下させることは可能です。したがって、補助孵化が行われる場合、適切に訓練された発生学者によって専門的に実施されなければならないことが不可欠である。

個々のIVFセンターで見られる実際の妊娠および生存率は、使用される孵化技術、実験室の全体的な品質、孵化を行う個人の技能、医師の胚移植技術およびその他の要因によって変化する。