Uncategorized

ワキガと汗臭さは別物です。

ワキ汗やワキ臭は、健康や生命の危険に直結するものではないので、一般的な病気扱いをされることはありません。

しかも,非常にデリケートな問題を含むため、その症状を声を大にして訴えることはなかなかできません。

肉体的な痛みであれば、同情されたり労られることはあっても、他者がその痛みを共有することはできません。

しかし、ニオイの場合はそれがないばかりか、「相手に不快感を与えているのではないか」という不安や遠慮で心理的には相当なプレッシャーになります。

その結果,正しい知識や情報が伝えられにくく、現在でも多くの誤解があるのが現状です。

まず、ワキガは「汗そのもののニオイとは全く別物である」ということを理解してください。

確かに、何日間もお風呂に入らなかったり、運動して大量の汗をかいたりした後などは、体臭は強くなりますが、これはあくまでも「汗臭さ」です。

こうした汗のニオイにプラスして、嗜好品である酒やタバコ、女性ならば化粧品や香水の香り、また人それぞれの口臭や頭皮のニオイなど,これら複数の香りが渾然一体となって、その人固有の「体臭」になっているのです。

「ワキガ」は、これらの「体臭」ともまったく異なるニオイです。

その最大の違いは「ニオイを予防できるかどうか」という点に尽きます。

髪や汗のニオイなら、入浴してキレイに洗い流せば解決します。

口臭なら食事に気を配ってこまめに歯を磨くことでかなりの予防が可能です。

中には胃腸や鼻の病気に起因することもありますが、どのワキガ対策サイトを見ても良い口コミのクリアネオを使ってみたり、専門医でしっかり治療をすれば、やがてそのニオイもなくなるでしょう。